カテゴリー: 綺麗な顔になるまで

産毛の処理できれいな顔を手にいれよう

気になる産毛は、処理をした方がきれいな顔に見えます。日本人の毛は黒や茶色なので肌の色から目立ちやすく、多くの男性も女性の顔を近くで見た時に産毛が気になると答えています。また、口や眉の周りにある産毛を処理すると、顔色が明るく見えてすっきりとした印象を与えます。そして、顔の産毛を処理すると化粧ののりや持ちがとてもよくなり、ファンデーションのつきやチークの発色が変わってきます。肌がくすんで見えたり、化粧ののりが悪い人は処理してみると違いが分かります。産毛を上手に処理する方法は、毛の生えている方向に向かって剃ることです。逆らってそると、角質層まで削ってしまい肌を傷める原因になります。洗顔をして汚れを落とした後、乳液やクリームをつけて滑りを良くしてから、顔用の剃刀を使って優しく撫でるように剃っていきます。洗顔の後、蒸しタオルをあてて毛穴を開き肌を柔らかくすると肌への負担を減らすことができます。剃った後に敏感になっている肌は、十分な保湿をしていたわることが大切です。注意する点は、同じところを何度も剃らない事と石鹸や洗顔剤を使って剃らない事です。泡が皮脂と角質を落とすので顔の乾燥の原因になります。また、肌にすでにトラブルがある時も控えます。剃刀が苦手な人には顔用の電動シェーバーがあり、手軽に使うことができます。自分で剃ると赤くなってきれいな顔にならない場合は、理容院やサロンでプロに任せるのも一つの方法です。

清潔できれいな顔はまずは洗顔から

きれいな顔の定義って人によって様々だと思います。顔の造りがキレイな人と、一言で言っても、見る人によって好みもあるので、こちらが絶対にキレイだろうと思っている人でも、他の人に聞いてみると、そうでもないなんていう返事が返ってくることも…。でも、誰しも清潔感があることがキレイの絶対条件だと自然にインプットされているはずです。豪華な調度品がずらりと並んだ大きなお屋敷であっても、キレイに掃除がされていて調度品が磨かれていなければ誰もキレイだとは思わないですよね。きれいな顔の第一歩は洗顔からです。清潔感のある人は女性でも男性でも、それほど美形でなかったとしても好感を持たれますし、仮にかなりの美形だったとしても清潔感がなければ、人からしたらもったいないと思われてしまいますし、きれいだとは思ってもらえないでしょう。今、洗顔ということが非常に見直されている時代です。朝は洗顔に始まって、夜もお風呂や洗面台で顔を洗ってから寝ますよね。特に女性の場合は顔を洗わずに化粧はできませんし、夜はメイクをしっかり落としてから寝なければ肌が一気に老化すると言われています。ただし、回数が多ければいいとか、ゴシゴシ洗うのはタブーです。女性は20歳を越える頃からコラーゲンなどの体内で作られる潤い成分が減少していきます。お肌も同様で、外から取り入れなければ自ら潤い成分を作り出す機能はどんどん低下していく一方です。洗顔をして清潔にすることは大切ですが、その後の保湿は年々大切になっていきます。今一度、洗顔ということを見直してみて、益々きれいな顔に近づいてくださいね。

きれいな顔は正しいケア方法で作られる

女性ならいくつになっても、異性を惹き付けるようなきれいな顔でいたいと願うものです。その為に、スキンケアやメイクアップと努力を重ねていくわけですが、ここで忘れてならないことは、きれいな顔イコール、目鼻立ちが整っているか否か、ということではない、ということです。美人の条件は思わず触れたくなるような美しい素肌だ、とする意見は非常に多く、老若男女問いません。年を取っても、年齢を感じさせない美貌を維持している女性は、一様にして、トラブルのない美肌をしていらっしゃいます。正しいスキンケア方法を理解し、積み重ねていけば、老化は止めることはできなくても、そのスピードを緩めることは十分に可能なのです。美しい素肌に欠かせないものは、一にも二にも潤いなので、季節を問わず、徹底した保湿ケアを行うこと、肌から水分を奪う日焼けは絶対にしないこと、と肝に銘じておきましょう。そしてスキンケア方法でも、良かれと思ってしていることが、結果的には肌へ強い刺激を与えてしまっていることもあるので、肌の調子が上がらないな、と感じているならば、今一度見直しが必要です。肌を潤わそう、トラブル別の美容液を使おうということは、美容に関心が高い女性ほど考えることですが、そういったアイテムを肌に塗る摩擦程、強い刺激となるものはありません。全ての肌トラブルの元凶は乾燥なので、保湿成分が凝縮されたオールインワンコスメでケアしてあげれば、それで十分なのです。

肌の扱いは丁寧にしましょう

01
どの季節でもニキビが出来てしまうのですが、冬は乾燥で保湿をしなくてはいけません。
化粧水から美容クリームまで、寒いのに時間が掛かる事も耐えられません。

そこで、最近流行っている「オールインワン」タイプを試してみる事にしました。
洗顔の後、これ一つで済むのです。次の日の朝まで潤いも続いてくれました。
勿論、人によっては合う、合わないあるでしょうから、まずは試供品などで試してからの方が良いと思います。
肌の手入れ、保湿する事も大切ですが、一番大切なのは化粧落としと洗顔だと私は思っています。
ベースが綺麗になっていなければ、どんなに肌に合うと使っていても、良い成分が肌に入りこんでくれないと思います。

だから、私は洗顔が大切だと思っています。それで、洗顔方法を変えてみる事にしました。
とりあえず、また流行りものですが、泡立ちが凄く良いという洗顔フォームを試してみました。今までの洗顔フォームより、ビックリする程綺麗に落ちました。
その後の肌の吸い込みも全く違います。相変わらずニキビはできますが、これからもこの組み合わせが手放せそうにありません。

ニキビが出来る仕組みを理解して、ニキビのできにくいお肌に変えましょう。

ニキビができやすい肌は生まれつき皮脂腺が発達していたり食生活の偏りによって皮脂の分泌が多い肌であることに加え、毛穴が詰まりやすい人がなりやすいです。
毛穴が詰まる原因はもともとキメが細かく毛穴が小さい人や、乾燥肌の人、睡眠時間が短いなど生活リズムが乱れることででターンオーバーが正常に行われない人などです。
乾燥肌やターンオーバーが乱れることで古い角質が剥がれ落ちず毛穴をふさいでしまいます。
そもそもニキビは毛穴に付属している皮脂腺から分泌される皮脂が、毛穴内に詰まった状態を言います。
詰まっているだけの状態は白ニキビやコメドと言いますが、この状態から菌が繁殖して炎症を起こすと炎症ニキビになり最終的に膿疱ニキビとなります。

ニキビケアでは毛穴に皮脂が詰まらないようにすることが大切です。適度なピーリングを行い毛穴に皮脂が詰まるのを防いだり、規則正しい生活や正しいスキンケアで保湿と皮脂分泌の抑制が大切です。
もちろん油分の多いものを控えるなどの食生活も大切です。

徐々に肌質を改善させてニキビの出来にくいお肌に整えましょう。

自分に合ったクレンジングを選びましょう

02
私はニキビができやすい肌質のため、クレンジングや洗顔料には特にこだわるようにしています。

クレンジングはオイルフリーで肌に優しいタイプのものを、洗顔料は無添加の石鹸を使用しています。

クレンジングはリキッドタイプのものなので、肌につけたときにすぐに流れ落ちてしまうこともなく、数回クルクルと軽くメイクと馴染ませるだけで毛穴の奥までしっかりメイクを落とすことができます。

固形石鹸だと、保湿力が足りないイメージがあったのですが、保湿成分がたっぷりと含まれている石鹸もたくさんあるものなんですね。

私のニキビの原因は肌の乾燥からくるものだったようで、洗顔料を現在のものに変えてからは、ニキビができる頻度が格段に減りました。

生理前など、ホルモンバランスが乱れがちなときはどうしてもいくつかできてしまうこともありますが、それも悪化することなく数日ですっかり綺麗に完治させることができています。

クレンジング剤も洗顔料も、どれを使ってもあまり大差はないものだと思っていたのですが、使用するものによって肌質って全然違うものになるものなんですね。

小鼻の角栓や黒ずみが綺麗になるからと、毎日オイルタイプのクレンジング剤を使い続けてきたのも乾燥の一つの原因かもしれません。

これ以上乾燥肌が酷くならないように、クレンジング剤をオイルタイプの物から、クリームタイプに変えることにしました。

ドラックストアに行くと色んな種類のクレンジングクリームが、陳列されていました。
量が多く価格も手頃だったので、「ポンズクリアフェイスクリームクレンジング」を一つ購入して使ってみることにしました。

クリアフェイスクリームクレンジングを肌に馴染ませ軽くマッサージをすると、女性らしい華やかな香りがしてとてもリラックスすることができました。
洗い上がりの肌は汚れはしっかり落ちているのに、全くつっぱり感が無くしっとりと潤っていました。毎朝のメイクのりが良くなり、酷かった乾燥肌も改善されたので、大変満足しております。
もっと早くから使っておけば良かったです。

自己処理は丁寧に行う

03
安全な脱毛の自己処理の仕方とケアについて
私は自分のムダ毛を解消するために、脱毛サロンに通っています。その無料カウンセリングの時に適切な自己処理の仕方をスタッフの人に教えてもらったので、それを紹介します。
自己処理というと簡単でやってしまいがちなのがカミソリを使った剃毛です。しかしこれは意外と肌にかかる負担が大きく、カミソリ負けの原因となってしまいます。そこで用いるのが、電気シェーバーです。これは一度に剃れる毛は多くはありませんが、刃を直接肌に当てるわけではないので肌に傷をつけるリスクもないのです。
シェーバーによる処理が終わったら、あまり剃毛した箇所を温めないようにします。脱毛サロンの施術後もそうですが、剃毛したての肌はとても敏感になっているとのことです。なので急に温めたり摩擦をすることはよくないとされています。
なので風呂で処理をした後はさっと上がって、優しく保湿クリームなどで肌を保湿するようにすることが大切なようです。すると肌にも負担がかかりませんし、脱毛しても健やかな状態の肌が保てるというわけです。

・正しく乳液をつかってお肌の潤いをキープ

乳液は化粧水や美容液の後に、保湿成分や美容成分を閉じ込める目的で使用します。乳液は手に取ってつけても良いですが、衛生的な面でコットンでの使用が理想的です。乳液の場合は、適量使用する事が大切です。量が少ないとしっとり感や潤いが足りないですし、量が多すぎるとベタついてしまいます。

また、乳液もメーカーによってしっとり感など潤い成分が異なるため実際に使用してみて体感しましょう。乳液は何度も重ね塗りをするのではなく、薄くつける事が基本となっています。ただし乾燥しやすい目元や口元には重ねづけをして感想を予防しましょう。乳液を選ぶときには肌の状態と相談する事が大切で、品質の良い物を選びましょう。

乾燥しやすい方はしっとりタイプ、ベタつきが嫌な方はわっぱりタイプなどが良いです。そして、乳液を使用するときの注意点では、お化粧前の乳液は多くつけすぎない事が大切です。直前にたっぷりとつけてしまうとべたついて、ファンデーションがよれてしまう場合があります。

年齢に合ったお手入れを

04
年齢を重ねるごとに、肌の潤い不足が気になってくるものですよね。
潤いのないカサカサの肌は、実年齢よりも老けて見られてしまうこともありますし、痒みや肌荒れの原因にもなってしまうため、いいことは一つもありません。
そんな潤い不足の肌にお悩みの方におすすめなのが、セラミドが配合されている基礎化粧品です。
セラミドは肌の保水力を高める効果や、肌の水分の蒸発を防ぐ効果、外部からの刺激をシャットアウトするバリア機能を高める効果など、様々な効果を得ることができる成分です。
みずみずしい健康的な肌質を作るのに、セラミドは欠かせない成分の一つなのです。
ヒアルロン酸やコラーゲンなど、他にも保湿に効果的な成分は色々ありますが、セラミドはその中でも特に重要な成分だと思います。
潤い不足が気になる方や、乾燥によって敏感肌に傾いてしまっている方は、セラミド配合の基礎化粧品でスキンケアを始めてみてはいかがでしょうか。
セラミドは体内に元々存在している成分なのでとても低刺激ですから、安心してスキンケアを行うことができると思いますよ。

30代に突入してから、アンチエイジングに効果的な基礎化粧品を選んで使用するようになりました。
私が現在使用しているのは富士フィルムのアスタリフトという商品なのですが、自分の肌にとても合っているようで、以前と比べると肌質が大分改善したと思っています。
まずはトライアルセットから始めてみたのですが、トライアルセットがあると使用感や効果、香りなどを手軽な値段で試すことができるので大変便利ですね。
私が特に気に入ったのは、ジェリーアクアリスタという、先行美容液です。一番最初にこの美容液をつけるのですが、これだけでスキンケアは充分なのではないかというくらい、肌がしっとりモチモチになるのです。
ジェリー状で伸びがよく、そして浸透力も高いので、少量でもしっかりと肌を潤してくれます。
アスタリフトはCMでよく目にすることがあったのでずっと気になっていたのですが、トライアルセットのおかげで気軽に試すことができて本当によかったと思います。
現在は現品を購入してケアを続けていますが、肌の調子はとても良好です。
お肌ケアと同時に痩身エステの効果もチェックしてみてください。

http://www.je-management.or.jp/