産毛の処理できれいな顔を手にいれよう

気になる産毛は、処理をした方がきれいな顔に見えます。日本人の毛は黒や茶色なので肌の色から目立ちやすく、多くの男性も女性の顔を近くで見た時に産毛が気になると答えています。また、口や眉の周りにある産毛を処理すると、顔色が明るく見えてすっきりとした印象を与えます。そして、顔の産毛を処理すると化粧ののりや持ちがとてもよくなり、ファンデーションのつきやチークの発色が変わってきます。肌がくすんで見えたり、化粧ののりが悪い人は処理してみると違いが分かります。産毛を上手に処理する方法は、毛の生えている方向に向かって剃ることです。逆らってそると、角質層まで削ってしまい肌を傷める原因になります。洗顔をして汚れを落とした後、乳液やクリームをつけて滑りを良くしてから、顔用の剃刀を使って優しく撫でるように剃っていきます。洗顔の後、蒸しタオルをあてて毛穴を開き肌を柔らかくすると肌への負担を減らすことができます。剃った後に敏感になっている肌は、十分な保湿をしていたわることが大切です。注意する点は、同じところを何度も剃らない事と石鹸や洗顔剤を使って剃らない事です。泡が皮脂と角質を落とすので顔の乾燥の原因になります。また、肌にすでにトラブルがある時も控えます。剃刀が苦手な人には顔用の電動シェーバーがあり、手軽に使うことができます。自分で剃ると赤くなってきれいな顔にならない場合は、理容院やサロンでプロに任せるのも一つの方法です。